プニサカシュートテクニック

プニコンサッカー(プニサカ)攻略のコーナー!

今回は試合中のテクニックについて解説。

通常のシュートではない「タップシュート」について。

弱いメンバーで試合に勝つには必須のテクニック。




タップシュートとは

通常はシュートするときにフリックしてシュートしますよね?

しかし、タップシュートは違います。

ゴールにタップパスして擬似シュートさせます。

タップシュートのメリット

なぜタップシュートが使えるかというとタップするだけなので、フリックする動作が短縮されてすぐにシュートが打てます。

敵に囲まれていたりGKが前に出てきたら焦ってシュートして外してしまう・・・。

そんなときにタップシュートを使います。

また、タップするだけなので普通にシュートするよりシュートコースの精度が上がります。

タップシュートのやり方

タップシュート

主にペナルティエリア内で使えます。

精度はいいですが威力は弱いので遠すぎると止められてしまいます。

ゴール前まで持ち込んで、やや角度をつけてドリブルします。

するとGKが飛び出てくるのでその瞬間にゴール隅をタップ。

タップパスをゴール隅(ポストより内側)に向けてしてくれます。

キーパーは前に飛び出ているため反応が遅れてとれません。

コロコロとゴールに入ってしまいますw

 

タップシュート

角度がありすぎると体勢が整っていないため、タップしたところにボールが飛びません。

逆サイドのゴールポストをめがけてタップしましょう。

 

キーパーが出てこなかったり、正面でどフリーの場合はタップシュートを使わないほうがいいです。

ある程度距離を保っていて敵に追いかけられて普通のシュートを打つとボールをとられる時に使うのがオススメ。

チャンピオンツアーモードでも大分先のエリアまで使える。

最初はうまくいかないかもですが、慣れるとゴール量産できるのでお試しアレヽ|’◇’|ノ