プニコンサッカー(プニサカ)攻略のコーナー。

今回は試合で使えるテクニックをお届け。コーナーキック編。

そこまで蹴る機会ないですけどチャンスになるので覚えておくべき!




コーナーキックについて

プニサカコーナーキック

ボールが敵チームにあたって敵ゴールラインを割るとコーナーキックになる。

選手の位置は自動で配置される。

自チームのフォーメーションとコーナーキックの時のポジションは覚えておこう。

キッカーが変わるとコーナー時の配置も入れ替わる。

弱フリックでゴロ。強フリックで浮き球。タップパスだとゴロのパスになる。

普通にセンタリングを上げるより落ち着いてフリックできるためゴール確率が高くなる。

コーナーキックのコツ

コーナーキック

コーナーを蹴る選手はテックニック高い選手で。精度が上がります。

そして、フリックする方向ですが青丸の選手にパスするとゴールしやすいです。

ゴール前の選手に強フリックでパスするがセオリーです。

平行より少し斜めにフリックするといい感じ。

浮いた球でボールがきたときにゴールに向けてひたすら連フリックすれば勝手にヘディングしてくれてゴールできます。

キーパーに止められてもつめてセカンドボール押し込むことも可能。

 

もう一つはニアサイドに向けて強フリック。

キーパーとDFが寄ってきますが、ゴールに向けて連フリックすればうまくいくとGKより先にボールに触れてゴールと至近距離でヘディングできます。

角度がなさすぎると失敗してしまう時もあります。

 

タップパスや弱フリックパスはゴロになってしまいDFにとられる確率が上がるのでオススメしません。

また、ゴールに離れすぎてる選手に出してもそのままゴールするのが難しいです。

コーナーキックまとめ

・キッカーはテクニック高い選手

・合わせるのはゴール前かニアサイド

・強フリックで蹴る

・ボールが来たらゴールに向かって連フリック

・ゴロパスはしない

これらを意識するだけで得点率が変わると思います!

極めたらわざと敵にボール当ててコーナーキックにさせて得点稼ぐ方法もあるので練習してみてください!